いびき 対策と治療

いびきをかきにくくすると称する健康器具がいくつか市販されている。鼻の穴に差し込む一部がとぎれたリング状のものや、音響センサーなどによっていびきを感知し、振動などの刺激を与えるものや空気袋等により睡眠姿勢を若干変えるようなものなど、方法も価格も千差万別である。しかしながら、その効果・実績は明らかでない。

クリセリンを保湿剤とする鼻スプレーもいびき対策として販売されている。

枕の高さなどを見直してみることが有効である場合もある。
一般にあおむけに寝ると舌などが喉のほうに落ち、いびきをかきやすい、すなわち横向きに寝るように努めると軽減される場合がある。

肥満が原因と考えられる場合は、その解消が有効な対策となる。アルコールも避けたほうがよい。

意識障害に対しては気道確保の上で原因検索を行いつつ経験的治療を行う必要がある。

軟口蓋下垂等に対しては外科的手術によりいびきを低減させることができる。

鼻疾患においては、その治療を行う。


タグ:いびき
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。